ピレスロイドとは?:頭しらみと卵の駆除対策サイト

このサイトでは 頭しらみ(じらみ)の成虫や卵を駆除する方法や、頭シラミ(ジラミ)の感染予防の方法などをお知らせしています。 困っている方のお役に立てれば幸いです。


ピレスロイドとは?

前ページでアタマジラミ駆除商品は、
・ピレスロイド系などの化学薬品を用いる殺虫剤系
・ティーツリーなどを天然素材を用いる自然薬系
の大きく2つに分けられるとお伝えしました。

「ピレスロイド」という言葉を初めて聞く方も多いと思いますので、もう少し詳しく説明します。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると
「ピレスロイド」は、除虫菊(シロバナムシヨケギク)の花に含まれる殺虫成分の総称で、 今日では各種誘導体が合成され、広く殺虫剤として利用されている。
ピレスロイド類は昆虫類や両生類は虫類の受容体に作用し、脱分極を生じさせる神経毒である。
哺乳類や鳥類の受容体に対する作用は弱いので、安全性の高い防虫剤である。】
※少し省略、要約しています。

詳細はこちらを参照してください。→「ピレスロイド」ウィキペディア

ちょっとわかりにくいですね。もう少し調べてみました。
【除虫菊(シロバナムシヨケギク)にふくまれる「ピレトリン」が、いろいろな害虫に強い効きめがあります。
「ピレスロイド」はこの天然ピレトリンに似せて作った合成化学物質のことで、おもに蚊やハエ、ゴキブリなどを殺す家庭用の殺虫剤につかわれています。

そして、ピレスロイドは昆虫や両生類、は虫類には強い効き目があるけれど、ほにゅう類や鳥類に対しては作用は弱いので安全性が高い、ということのようです。】

『ピレスロイド』は種類が多数あります。
「アレスリン」、「ピレトリン」、「フタルスリン」、「レストメリン」、「フェノトリン」などなどで、それぞれ特徴があります。
頭しらみ駆除商品に使われているフェノトリンは残効性、即効性があるといわれています。
※残効性とは効果がどれだけ持続するかという性質のことです。

それでは自然薬系の頭しらみ駆除用品とはどのようなものなのでしょうか?
→次ページの『アタマジラミ駆除用のエッセンシャルオイルブレンドを使う』


頭しらみと卵の駆除対策サイト のトップページへもどる