TOP >> コロモジラミの原因と駆除方法

アロマのティーツリーなどを使った頭ジラミ駆除用のシャンプーで駆除退治!
しらみ駆除【第2類医薬品】スミスリンLシャンプーで駆除退治!

コロモジラミの原因と駆除方法

このサイトでは【頭しらみ(じらみ)の成虫や卵を駆除する方法、頭シラミ(ジラミ)の感染予防の方法など】をお知らせしています。困っている方のお役に立てれば幸いです。


コロモジラミの画像
頭しらみや毛しらみの他にコロモジラミという種類のしらみがいます。
これは人の体ではなく人の下着などの衣服に生息して、吸血して生きています。
見た目は頭しらみ(じらみ)と形や大きさが似ています。

コロモジラミの画像はこちら↓
虫の苦手な方は注意してみてくださいね。
コロモジラミの画像

頭しらみ(じらみ)とちがうところは、コロモジラミは、「発疹(はっしん)チフス」などの感染症を媒介する力をもっていることです。
けれども日本のような先進諸国でコロモジラミに寄生されることはまれにしかないようです。


コロモジラミの原因
コロモジラミは極端に衛生状態が悪いと発生するようです。
IDSC感染症情報センターによると コロモジラミは衣服を着替えたり、入浴する習慣が無い山岳地方に生活する人々、
民族紛争や大規模な自然災害に遭遇して難民生活を余儀なくされている人々、囚人、ホームレスなど、下着や衣服を取り替えることが困難な生活を強いられている人々に高率に寄生が認められる。
とのことです。
詳細はこちらをどうぞ⇒IDSC感染症情報センター 感染症の話


コロモジラミの生態
卵は、おもに人の下着などの衣類の縫い目や折り目などに産み付けられます。
卵は白っぽく0.5mmぐらいで、一週間ぐらいで孵化(ふか)し、幼虫になります。
そして3回脱皮して約3週間で成虫になります。
幼虫、成虫とも吸血しますし、おす、めすとも吸血します。
成虫の大きさは約2~4㎜で、寿命は約1.5ヶ月です。
めすの成虫は1日約10個の卵を産み一生のうちに約200個の卵を産むとされています。


コロモジラミ駆除の方法
コロモじらみの卵、幼虫、成虫は55℃以上の温水に5分間ほどつけると死んでしんまうため、熱湯処理が有効です。
ですので、コロモじらみに寄生された人が使ったシーツ、布団カバー、タオルなどを55℃以上の温水に5分間ほどにつければ卵から成虫まで死滅させすることができます。
下着も同じようにすればいいのですが、捨ててしまったほうが確実です。
コロモじらみに寄生された人はお風呂に入ってきれいにし、着ている衣服を新しいものに変えれば大丈夫です。
コロモジラミの駆除は洗濯と掃除で駆除できるので、基本的には薬剤を使う必要はないようです。

それではコロモジラミに感染するのを予防する方法はあるのでしょうか?
→次ページの『コロモジラミ感染の予防法』